肌に刻まれる年齢はあなたの歴史

肌にはその人の正直な年齢がよく表れているように感じます。

パッと見てよくわかりやすいのは目の下です。

ここはシワが多くなるし、クマが出現しやすく、またなかなか去りませんから、年齢が進むに従い、この部位についての悩みを持つ人は、増える傾向にあります。

肌の健康のバロメーター、大事なハリやツヤが加齢を原因として消えていくと、つまりは肌がしぼんだということなので、その分シワが出てきます。

顔に限定しますが、どこにできたシワで多くの人は悩むのか、ということですがこれは目尻や目の下など目の周りや、眉間、ほうれい線などが多いようです。

「ポリフェノール」って聞くと、それは美肌に欠かせないでしょうって思いますよね。

代表的な特性がその「抗酸化作用」です。

活性酸素を抑制し、シミからお肌を守ったり、紫外線のダメージを受けたお肌にできたシミを消していってくれます。

いいこと尽くしの効果が期待できるポリフェノールですけれども、効果を体の中で発揮するのはおよそ3時間という短い時間。

ですから、美肌のためにいいタイミングで摂取するのがお勧めです。

顏のシワには困ったものです。

できれば、きれいさっぱり消し去ってしまいたいものです。

シワのできる原因は色々あれど、つまるところこれは老化現象であり、もう一つは紫外線の影響が、結構大きいことがわかっています。

シワは年齢を重ねていくと増えていくのが当然とはいえ、それでもシワ対策として紫外線を防ぐのは大事ですから、日焼け止めを使い、帽子や日傘も駆使して一年中紫外線対策はしておくべきでしょう。

そして、日焼けしてしまったら、日を置かずに焼けた肌のケアをします。

冷やして熱をとり、お肌に化粧水及び美容液などでちゃんと保湿をし、シミ、シワ、乾燥を防ぐようにします。

こういったこまめな手当てでシミ、シワ対策をし、それが結局はアンチエイジングにも繋がります。

スイーツに目がないという方は要注意です。

糖質の摂りすぎは、お肌のくすみを引き起こします。

過剰な糖分とタンパク質が結合し、老化の進行を早める糖化産物が身体のあちこちに増えるのです。

真皮でコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)が糖と反応すると、黄ぐすみが目立ってきたり、シミの悪化や、シワ、たるみの原因になったりする事態を招いてしまいます。

体調が崩れやすい時節の変わり目、それから過酷な夏が終わったばかりの秋から冬にかけての時季、肌の乾燥が気になって仕方なくなります。

うっかりすると目の周りなどは細かいシワだらけになってしまっているし、乾燥肌をこじらせて赤くはらしてしまうこともあります。

乾燥は軽く考えてはいけません。

こういう時期、スキンケアはお肌の生命線だと思っていますので特に念入りに行っている所以ですが、基本の化粧水や乳液でのケアだけでなく、とうとうオイルの使用も欠かさなくなりました。

お肌に使うオイルはなるべくならいいものを、と考えていますが手はじめにホホバやココナッツを主に使っています。

くすみが目たつ大きな原因として、過剰な糖分のいたずらが考えられます。

甘いものをたくさん食べる生活がつづくと、どんな化粧品を使っていても茶色や黄色のくすみが目たつことがあります。

コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)の働きが、過剰な糖と結合することで十分でなくなりました。

コラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)が糖に反応し、老化を招く物質に変わることをコラーゲン(タンパク質の一種で、体の全ての組織に含まれていて細胞同士を繋ぎとめているそうです)の糖化と呼んでいます。

肌のみならず、全身の老化を進めないよう、甘いものは控えてちょうだい。

パックすることでお肌のシミ対策に効果があります。

美白や保湿をしてくれる成分がたくさん配合されたフェイスパックをすることで、メラニンを作りにくい状態にし、お肌が透き通ったと感じるようになるでしょう。

思わず日焼けした時などにとり所以効果的で、その日すぐに適切にケアをおこなえば、嫌なシミを予防することができます。

できてしまった顔のしわは仕方がない、と諦めてしまう人は多いようですが、しわ取りテープという商品をご存知でしょうか。

貼りつけて気になるしわを取るこのしわ取りテープですが、少し前にテレビの番組でコスメ関連全般に造詣が深いとされる芸能人によって紹介されており、その人自身も愛用しているということした。

しわを広げてテープを張り付け、しわを目立たなくさせるよう矯正するもののようですが、貼っている間は引き締まってる感覚がなかなか良く感じるようなんですが、あまりにも長い時間貼り続けていたりすると、肌への良くない影響も出てくるようで、赤くなったり、かゆみが出たりすることもあるでしょう。

しわ取りテープの使用でシワどころではない肌トラブルに!みたいなことを避ける為にも、使用説明書をよく読んで、使用法を守りましょう。

お酒も適量ならば全身の血行を良くし、お肌の血行も良くなります。

市販の酒粕をパックとして使うと美白に良いといわれています。

板状の酒粕を小さくしてボウルに入れ、水を少しずつ入れて全体をドロドロにし、ペーストになるまでよく混ぜます。

垂れない固さになるまで小麦粉を混ぜ、なめらかに仕上げれば、酒粕パック完成です。

ただ、酒粕の匂いが不得意な方は止めた方がいいでしょう。

ここ数年の間急激に、自分のしわが結構深刻に気になってます。

中でも特に問題視しているのは笑いじわで、目尻にできるアレです。

大体目の周りの皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。

キレイであるのにこしたことはありません)というのは薄くて、どうしてもしわができやすいですから、スキンケアも丁寧に行っていますが、皮膚(キレイだと男性に好印象を与えられるでしょう。

キレイであるのにこしたことはありません)が薄い場所は、乾燥に気を使ってやらないといけませんから、念を入れてクリームを何度も塗ったりして、保湿を何より重視するよういつも注意しています。

顔にシミができてくると、本当の年齢よりも年上に見られがちなものです。

年齢を重ねるにつれて、傷の治りも遅くなり、少しずつの日焼けが蓄積して残ってしまいますので、十分な日焼け対策が必要となります。

基本的な日焼け止めや帽子で紫外線を防ぐのはもちろん、アセロラ、ピーマンなど、多くのビタミンCを含んでいる食物を、進んで摂るようにしてちょうだい。

ダイエット効果は高いし、デトックスにもなるというので、以前から気になっていた、ファスティングダイエットをしてみたところ、3キロほど体重を減らすことができました。

きれいになりたいという気持ちの強さで、ファスティングのつらい部分も乗り切れたのですが、鏡に映る自分自身を改めてよく見たら、身体つきは、なぜかスッキリしたように思えますが、少ししわが増えたように思えます。

このことと、ダイエットが関連があるかどうか確信できませんが、何かあっても別におかしくはない、とも思いますし、ともかく、今はスキンケアを重点的におこなうつもりです。

参考:馬プラセンタがスゴイ! 疲れた肌においしいご褒美を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です